I am considering about the end

statement: 

「終わりについて考える」

私が今住んでいる町はかつて炭鉱業で繁栄した場所で、かつては現在の人口の十倍もの人口を数えた地域もありました。
今は廃墟と空地の中に人が住んでいるような状態です。

この町で昔の面影を残した遺構を撮影していると終わりとは一体何なのかと考える時があるのですが、どうやら衰退しているように見えるのは私たちの誤解で、私にはただ人間の段落に句読点が打たれて次の長い段落が始まっているように見えます。

そしてこのシリーズはある地域の終わらない終わりをテーマとした作品になります。

“I am considering about the end.”

My town was been prosper by coal mining industry.
Some areas were ten times as population as before. But now, people are left in ruins vacant land.

When I take photographs the remains of the old days in this town, sometime I think about what the end is.

That decline may just be our misunderstanding, I feel it appears put a period on human history and beginning a next long paragraph.

And I gave the theme of the end in this series.