Developing hole

ここにある写真を撮影している時に思ったことがあります。

今見ている物は自分にとってはごく当たり前に存在する日常の諸要素ではあります。

そうであるはずなのに機械の目で無作為に抽出して撮影し、コンピューターの画面上に画像を並べ、

何の愛着も持たずに加工を施し、分解したのちに並べなおすとまるで知らない誰かが遠い非日常の中で撮影した作品のような

奇妙なよそよそしさを感じます。

私は日々生物も無生物も芸術も非芸術も有象無象も関係なく自分の背後にある巨大な思考の穴に投げ込んで、

そこから現像された日常の中では価値が曖昧な何かを画像に定着し作品化しています。